混合性EDにはカマグラゴールドが効果的

勃起障害を抱える男性のほとんどが、心因性ED(精神的原因)か器質性ED(身体的原因)のどちらかに該当します。

しかし最近の研究から、2つの原因が合わさった混合性EDが特に多いことが明らかになりました。心身共に何らかの問題を抱えている場合、男性にとって深刻な悩みとなる勃起障害を引き起こすことがあるのです。

ここでは混合性EDとはどのような病気か、そしてその治療法について解説していきます。

混合性EDは心と身体の両方に原因アリ

混合性EDについて
勃起が難しくなる原因は主に2種類。不安やストレスによる心因性EDか、身体の機能が低下することによる器質性EDに分けられます。

ただ、近年ではいくつかの要因が重なることで生じる混合性EDも問題視されるようになりました。

心と身体の双方に何かしらの要因を抱えている場合、男性の大きな悩みとなるEDを招く恐れがあるのです。

中高年に多い混合性ED

複数の要因によって引き起こされる混合性EDは、50代以上の中高年世代に多いとされています。

・生活習慣病を発症してしまった
・パートナーとのセックスの回数が減った
・加齢に伴う体力の低下で自信を失った

他にも様々な要因が挙げられますが、年齢を重ねることで体力・精力が衰えてくると、それ自体がストレスになります。自分自身の衰えに不安を感じることで、EDの症状がどんどん重くなってしまうというわけです。

カマグラゴールドで混合性EDを改善!

カマグラゴールドで混合性EDを改善
混合性EDを自力で改善することは、正直とても困難です。複数の要因を1つ1つ取り除くことは簡単ではありません。

そこで役立つのがカマグラゴールド。世界初のED治療薬であるバイアグラと同じ効果を持ちながら、価格は1/3程度という安さが魅力的です。

有効成分シルデナフィルは血管を拡げ、陰茎の血流量を増やしてくれる作用を持っています。それによってスムーズが勃起が可能になり、性生活の悩みが解消されるのです。

カマグラゴールドは心因性・器質性EDにも有効で、多くの年齢層から高い人気があります。

もちろん生活習慣や食生活を正すことも大切です。健康体であれば生活習慣病などのリスクも低くなり、必然的にEDの発症率も低下します。

医薬品が原因のEDには不向き

加齢によって身体機能が低下していくと、血管障害などの疾患のリスクも高くなっていきます。高血圧不整脈などの症状を改善する方法として、降圧剤などの服用が一般的です。

また、責任が重い仕事を任される機会が増えたりすることで、うつ病を発症するリスクも高くなると言えます。その場合は抗うつ剤精神安定剤などで治療を行うものでしょう。

実はこれらの医薬品が原因でEDになるケースがあり、それを薬剤性EDといいます。特定の疾患の治療薬(中枢神経や末梢神経、循環器系に作用するもの)には性欲減退や性機能障害を引き起こすものがあり、勃起が困難になるのです。

しかし上記のような医薬品を服用中の男性は、カマグラゴールドを含むED治療薬を併用できないことがほとんどです。血管拡張作用が増幅し、急激な血圧低下などの副作用が生じる危険性があります。

持病があり医薬品による治療を行っている方は、自己判断でカマグラゴールドを併用せず、まずは病院を受診して医師に相談するようにしましょう。