カマグラゴールドがEDに効くワケを徹底解説

カマグラゴールドがなぜEDに効くのか

なんでこんな小さい粒を飲んだだけで勃起するのか、そう疑問に思いませんか?

勃たないことに悩みに悩んで手にしたその一粒を服用しただけで、今までの悩みがウソだったかのようにギンギンに勃つ。
こんな不思議なことはありません。

もちろん“なんか効いてる“というわけではなく、勃つのにはきちんとした”ワケ“があるんです。

カマグラゴールドがどうやってEDに効くのかを知ると、その仕組みに納得。
そして仕組みというのは、効果を最大限に得るための情報の1つでもあるんです。

「ED=勃起しない」だけではない!

EDの症状

なぜカマグラゴールドがEDに効くのかを知る前に、まずはEDについて知る必要があります。

そもそもEDとはどういったものか知っていますか?
「ED=勃起しない」と思っている人が多いはず。

しかし、EDは勃起しないことだけを指すのではありません。

EDとは、勃起しない・勃起しても硬さを保ち続けられない・挿入しても中折れしてしまうなどといった原因から、満足なセックスが行えない状態のこと

「たまにヤってる途中で萎えることもあるけど、たまにだから大丈夫だろ」なんて思っているそこのあなた!
その症状こそEDの初期症状ですよ。

EDの仕組みとは

勃起は、性的刺激を受けることで、ペニスへの血流が増加して起こります。
乾いたスポンジ(通常のペニス)が水(血液)を吸うことで膨らむ(勃起する)ことと同じです。

しかし、EDは勃起するために必要な分の血液がペニスに送られなくなることでおこります。

通常の勃起とED

性的刺激を受けると、その刺激が神経を通り、勃起に必要な体内物質“サイクリックGMP”を分泌します。
これには血管拡張の作用があり、血管が広がることで勃起に必要な血液をペニスへと運ぶことができるのです。

しかし、サイクリックGMPを分解してしまう酵素“PDE5”がサイクリックGMPより多く分泌されてしまうと、サイクリックGMPが作用しなくなり、ペニスに十分に血液が行かずに勃起しなくなります。
これがEDなのです。

EDは誰にでも起こりうる!?

EDの原因は、「高齢・ストレス・トラウマなど」と考えている人が多いかと思います。
もちろん、これらもEDの原因の1つです。

しかし、EDの原因はもっと身近にも存在しています。

●器質性ED
加齢や病気、生活習慣病が原因。
肥満や運動不足、喫煙などの生活習慣もEDの原因になってしまいます。
●心因性ED
ストレスやトラウマなどが原因。
セックスに対してはもちろんのこと、日常生活の中での仕事や夫婦関係などからくるストレスやトラウマ、プレッシャーもEDの原因になります。

●薬剤性ED
服用している薬の副作用が原因。
別の病気で飲んでいる薬の影響でEDになってしまうこともあります。
●混合性ED
上記のものが複数あわさることが原因。
1つのことが小さくても、複数のことが合わされば、それが原因になることもあります。

EDは男性なら誰しもがかかってしまう可能性のある病気なのです。

カマグラゴールドが効く理由

タダシップの有効成分はシルデナフィル

カマグラゴールドは、ED治療薬といえばでおなじみのバイアグラのジェネリック医薬品です。

ジェネリック医薬品なので、有効成分はバイアグラと同じシルデナフィルが使われています。

同じ有効成分が使われているということは、バイアグラと同じ効果を得ることができるということです。

シルデナフィルで血行促進、だから勃つ

シルデナフィルには血管拡張の作用があります。

EDの仕組みとは」でも説明したように、血管を拡張して血流を増加し、勃起へと導く作用があるサイクリックGMPをPDE5が分解してしまうことでEDは起こります。

シルデナフィルが効く仕組み

タダシップを服用すると、有効成分であるシルデナフィルがPDE5の働きを抑制

すると、サイクリックGMPが十分に作用することができ、ペニスに血液が運び込まれて勃起することができるのです。

服用は空腹時に

シルデナフィルは油分に弱いという性質があります。

食事をしてから薬を服用してしまうと、胃に油分の膜ができシルデナフィルが吸収されづらくなってしまい、十分な効果を得ることができません。

ですので、カマグラゴールドは空腹時に服用しましょう。

どうしても食事を楽しんでからセックスをしたい場合は、食事の30分前に薬を服用するか、食事をした後、空腹状態(約2時間後)になってから薬を服用するようにしてください。